HOME >> 本格派用戦略教材 >> 営業中心の経営計画の立て方(経営計画書作り) DVD8巻(8時間24分) テキスト付

営業中心の経営計画の立て方(経営計画書作り) DVD8巻(8時間24分) テキスト付

サイズ:
購入数:
販売価格 110,000 円(税込)
計画書作りというと、つい腰が引ける人が多いのではないでしょうか。その原因はこれまで決算書の分析を初めとして、会計中心に計画書を作ってきたからです。これも必要ですが、経営全体では5%もありませんから、これは簡単にすべきです。


1、経営計画の計画を立てるべきです

従業員1人当たりの純利益を多くして良い会社になるには、次の手順が必要になります。

まず1番目は、利益性の善し悪しはどのような条件で決まるか、利益性が決まる根本原因をはっきりさせなければなりません。

2番目は、自社の経営規模と競争相手との力関係を考えた上で、利益性の善し悪しを決定付ける大事な要因1つ1つに対して、自社に合った目標を定めていきます。

3番目はその目標を実行に移す、実行の手順を考えます。

この中で最も大事になるのは、利益性の根本原則をはっきりさせることになります。もしこれがはっきり示されてなかったら、何の役にも立たないでしょう。

2、3大要因の強化が利益性を良くする根本原因

利益性の研究からお客作りの直接的な対象となる、商品か有料のサービス、営業地域、営業ルートや業界のどれかにお客を集中して作り、お客占有率で1位になると、従業員1人当たりの純利益が、業界平均の2倍〜4倍も多くなることが分かりました。

逆に見るとお客を作っていくときの対象になる、商品や営業地域、それに業界や客層のどれもが負けていて、利益だけ多くする方法はないのです。こうした事実からして、1位作りに焦点を当てていない計画書は、単なる作文に過ぎないことが分かります。

では実際に、どのような作業をすればいいのでしょうか。

3、 経営の要点ごとに箇条書きでまとめると早く完成

まず、経営計画を立てるときの対象となる大事な要因をはっきりさせます。次はこれらに対し、弱者の戦略原則をもとにして今後どうするか、記入用のファイルセットに従い、1、2、3と、箇条書きで実行予定を書いていきます。こうすると実際的な経営計画書が、しかも早くまとまります。
 
これらを従業員30人規模の社長に焦点を当て、分かりやすくまとめたのが、実行中心の経営計画書になります。

おすすめ商品